子ども達は地域の宝、氏神様も許してくれる・・・・・

おはようございます。
公職選挙法で、書面類他での季節の挨拶(状)をすることは禁じられています。
職員退職時、退職の挨拶状と考えましたが、選管に問い合わせたところ「季節の挨拶状(類)と指摘を受ける可能性も無いわけではない。」と言われ結局送らず、知人・友人から「ひんしゅく」を受けたこともあります。
従って「おはようございます。」です。
<大晦日>
地元伊曽島神社で太鼓を百八つ叩く。
顔見知りの子どもたちも参拝に訪れる。
「叩くか?」と声をかけると「嬉しそうな顔」を見せる。
数えていたがおそらく「百八+α」もあるかも?
子ども達は地域の宝。
氏神様を許してくれるだろう。
<元旦>
私を含め伶人Gは2時ごろ一旦解散。
早朝、桑名シティホテルでの実践倫理宏正会の「元朝式」に参加。
地元・県議も。
終了後、市内の神社仏閣をいくつか参拝。
3日間で市内の神社仏閣を参拝するのは、4年間の私の恒例行事に。
まだ、5箇所ほど残っている。
神社に戻りお昼まで。
海苔師の方に会う。
年末は、「イマイチ+α+α」とのこと。
早く回復することを願う。
人に会えば、正月と言えども何件か相談は受ける。
「ウ~ン」難しそう。
本日は、箱根駅伝のスタートを観たら神社へ。
かがり火の後始末に。
本日早朝に確認したら、燃えきらず残っていた木もある。
1時間ほどで済ませ、花の2区から観戦したい。
山の神童「東洋大:柏原選手」他、何人かの注目選手以外から、
新たな山(陸)の神童が現れるのか?
選手から、年始のスタートに元気をいただきたいものだ。

Follow me!