地域医療×スピード×1,400万円

おはようございます。
市内をアチコチする中、案件の調査もしている。
その中から、地域医療について。
12月中旬から毎日のように1時間ほど、厚生労働省・医療関係の
サイトを検索していると、22年度補正予算で国が地域医療再生として
約2100億円の確保。
22年度予算であるから、仮に三重県・桑名市が適用を受けようとした場合、21年に三重県医療審議会地域医療提供部会を傍聴した経験も含め推測すると、
(1)22年度補正予算であるから3月中旬までに三重県が、医療関係
   機関等の意見集約を図り計画立案して厚生労働省に提出する必要
   がある。
     ※基本的に22年度予算であるから、年度内に着手や
      計画立案が必要。
(2)県はこのため、2月上旬までに県医療審議会・医師会・三重大
   医学部・県内市町他の医療関係者から意見集約の必要がある。
(3)これらの計画を厚生労働省に提出するには、県医療審議会
   (部会含む)を2月下旬には開催し承諾が必要。
     ※21年県審議会を傍聴した経験から。
(4)桑名市は、今回の追加分の地域医療再生計画の適用を受けようと
   すると1月下旬、遅くとも2月上旬までに計画を立案して
   県と協議の必要がある。
(5)県に計画を提出するならば、事前に市議会に対して計画の説明、
   過程を説明する必要がある。
   地域医療は最重要課題であることから当然のこと。
     ※12月議会で市長・市行政側の確認(言質)もしている。
12月市議会補正予算可決された民間病院との統合に関し、1,400万円を可決。
この予算執行による調査は現在コンペ方式で現在公募され、1月下旬に業者決定、調査期間は3月下旬。
調査結果が出てからでは、日程的には今回の地域医療再生計画には間に合わない。
市議会では9月に「あらゆる視点から調査・協議」と決議したところ。
市行政側にとって日程的に厳しい部分があっても、スピードをもって解決し、政策・政治的な動きをする等して、今回の計画の適用を受けることができるのか?
1,400万円がムダにならないように、しっかりと監視をしていきたい。

Follow me!