タイガーマスク・伊達直人NO.4・・・桑名市役所へエールと?

本日は、午前中、市議会政務調査費に関する責任者会議。
1時間半ほど、各会派の「22年度市議改選前の調査費の報告書や諸課題」で協議。
常識的で市民目線で使用するのが基本。
公金であることを認識し大切に使用します。
【19日毎日・読売・伊勢、桑名にタイガーマスク】
桑名市に絵の具等の画材セット44組が届けれらた記事。
3紙の報道では、
「日本列島をタイガーマスク旋風が吹き荒れています。
私もその志に感銘を受け、貴市役所へ届けさせていただきます・・・。
(最後に、)
昨年、桑名市はあまりいい話題はありませんでした。いい話題になれば。
市役所の皆さんも頑張ってください。」
 桑名市長 様
        桑名のタイガーマスク・伊達直人
との文書があったそうだ。
文末は、桑名市役所へエールと喝!(?)
真摯に取り組む職員も多くいるが、この言葉をよく考えてほしい。
【20日:中スポ】
記事に驚く。
民主党本部に「豹変マスク・酔狂直人」と名乗る人物から、実弾のような金属片2個が送られてきた記事。
タイガー・伊達の言葉ではないが、全国の匿名タイガーの方は、心を痛めているに違いない。
いかがなものか?
多くの方が、「人(労力)・物(品物他)・金」で福祉施設・子ども達を支援している。
こうした話題が「全国的に大きく取り上げ」られる。
隙間風(?)しか吹かない国政・政権交代はしたものの国民には見えてこない生活向上感。
時代を反映している。
【規制仕分け】
国の行政刷新会議が、「事業仕分けから⇒規制(制度)仕分け」実施の方向をニュースで聞く。
時代に合わなくなった制度を事業仕分けの手法で仕分けする。
制度仕分けで埋蔵金は出てくるのか?
大いに疑問を持つ。
全面的に反対するものではないが、
仕分けにより、新たに出てくる問題はどうするのか?
そこまで議論がされるのか?

Follow me!