後出しジャンケン×負のスパイラル×桑名の有効求人倍率<0.7>

おはようございます。
【後出しジャンケン・負のスパイラル】
昨日、市の某会議傍聴に。
事前に会議メンバーが、議題とされる事項について自主的に勉強会を開催し課題を主催者側に明示しておいてにも関わらず、その課題の解決策を報告もせず、会議を終わらせようとした。
課題の提示時期は、12月末頃で1ヶ月近く経過している。
座長から上記の指摘を受け、
「関係者へ、後日書面にて指摘事項に関して報告します。」
と回答と思われないような市側から発言があったが、いかがなものか?
会議委員が、次に集まる機会はなかなかなく、それを狙って後日報告としたと思われても仕方がない。
会議そのものの意味が問われる。
あるいは、そういう行政組織なのか?
負のスパイラルを自らが作ってしまった。
市への心象を悪くするだけで後味の悪い会議だった。
いかがなものか・・・・・?
思い出すのが、2年近く関わった県の事業。
事前に関係者が、いくつか課題に関して指摘しておいたにも関わらず、次の会議にはそれに対しての資料がなく出席者の心象を悪くした。
いずれも<後出しジャンケン>と言われても仕方がない。
ここで思い出すのが職員の不祥事事件。
一定の解決策が出て、これ以上「桑名の印象を悪くしたくない。」
との思いで終息に向かおうとする市の提案に同意した。
市民の皆さんからも、市外の方から「あの事件の桑名ですか。」と言われると何回も指摘を受けた。
他市の市議他と会うと、私自身も同じ。
行政の目指す道筋・筋論は、いかなるものか?
今一度、真摯に考える時ではないのか?
毎日新聞に報道された、「桑名のタイガーマスク・伊達直人」と言われる方の最後の言葉。
「・・・・昨年はあまりいい話がなかったので、いい話題になれば。桑名市の皆さん頑張ってください。」
本当に頑張ってください。
【桑名市の有効求人倍率<0.7>】
昨日26日、桑名メディアライブで「合同就職面接会」が開催された。
             (本日27日:中日新聞北勢版に記事)
報道では、
「今週大学卒業予定者が25ほど受けたが決まっていない。焦りがある。」
とコメントを寄せている。
有効求人倍率は、<0.7>。
厳しい経済情勢を示している。
国の行う雇用対策事業は、機能しているのか?
 ※本日27日:会派打合せ、多度で会議傍聴

Follow me!

後出しジャンケン×負のスパイラル×桑名の有効求人倍率<0.7>” に対して1件のコメントがあります。

  1. tokumeikibou より:

    ◎行政の怠慢以外何ももないと思います。或いは市議会議員を軽んじているとしか考えられません。このような職場風土は、絶対許せません。

この投稿はコメントできません。