うさぎ追いしかの山 小鮒釣りしあの川・・・

おはようございます。
昨日、何事も無かったような車の列でやや渋滞中の県道水道公園線周辺には、桜の花びらで一面「ピンク」の水田が。
R23~第2名神間の千本桜通も葉桜状態。
夕刻には、被災地の陸前高田市の避難所となっているお寺で、避難者が中心となり小さな規模で花見が行われたり、参加者で「うさぎ追いしかの山 小鮒釣りしあの川・・・ふるさと」を歌ったTVやラジオ報道。
この違いは・・・・。
17日(日)午前、地方統一選挙の後半戦開始日のため尾張方面へ。
数名の来賓(私も含め)が、「口も出すが、動いて汗も出す・・・。」と激励。
この方の議会内での発言をネットで検索したら「行政側にとって言われたくない」内容の会議録が。
言わなければ変わらない・・・、行政の体質か。
午後、官から支援を受けず活動している「なのはな音楽療法」の総会へ数名の議員と。
桑名市独自で行政側が養成・支援し同様の活動をしているグループもある。
官民の格差を感じる。
「官民共同で協力し合いうまくやればいい。」といつも感じる。
これに限らず官民格差を質問をすると、行政側はまず官の立場がでてくるが、市民の立場・目線が第一のはず。
夜、パソコンに向かい事務処理中、そのまま寝てしまう。
当面の課題は、山積みの事務処理。
本日18日は、全員協議会・福祉安全委員会。

Follow me!