輝く3名の女性・・・・・

おはようございます。
<台風12号>
紀伊半島南部・山間部に大きな被害をもたらした台風とその余波の大雨も一段落。
昨日、員弁川は警戒水位を越え一度は厳しい状況に。
3日・4日、深夜早朝、市内アチコチ。
強風で飛ばされた市の管理する看板類を道路で見つけ届けたり・・・・・。
報道では宮川(大台)で総雨量1,620㎜。
年間降水量の半分に相当。
H16年9月末の宮川水害で浄水場が被害を受けトラックに1.5t給水タンクを積載し給水支援に向かったことを想いだす。
水位上昇・土石流でV字谷の底から10mほどに位置する橋に流木・ゴミ類他。
親戚・知人の見舞いのため、松阪市内のスーパーから水・お茶類がなくなった。
給水支援をする間、見たり聞いたりしなければわからないことが多々あった。
今回の台風12号は遅い・大雨・強風。
8月末の進路予想では静岡から東北への進路予想。
3・11被災地の撤去されたガレキが飛散流出・地盤沈下による海岸部への二次被害が気になった。
この3日間の台風で被害を受けた方・地域もありお見舞いを申し上げるが、東北地方へ行かなかったことでイロイロ考える。
早く災害に強い日本にしたいものだ。
<輝く女性>
昨日(9/4)は、警報発令のため地元の敬老会は中止。
被災地へ楽器を合言葉に「夢・おんがく・桑名」の皆さんによる「シエナ・ウインド・オーケストラ桑名公演」の支援の一日。
2ケ月ほど前に企画された方から連絡を受け、出来る範囲内での協力をさせていただく機会をいただいた。
メンバーの移動に車を走らせたり、満車となった立体Pの前に立ちご理解をいただいた桑信Pへ案内をしたり・・・・・。
雨にもかかわらず、会場は1,200名でほぼ満席。
アンコール曲「聖者よ永遠なれ」では「ゆめはまちゃん」がタクトを振り、楽器を持った観客がステージに上がりシエナと演奏したり、今までに見たことがない音楽会の光景。
終了後、大橋議員と立体PAの出口で車の誘導を1時間。
チケット収入の内、500円/人を被災地へ楽器購入の義援金として贈る。
概算で60万円。
この公演を企画された3名の女性の方が輝いて見えた1日だった。
 ※9/1~2、台風の進路を確認・気にしながら
  淡路市北淡震災記念公園・駅西雨水幹線に使用するシールド機器の
  製作工場(大阪西淀川区:奥村機械製作所)他を会派で視察。
  明日、ブログにします。

Follow me!