議員の最大の権限は議決権×先を読む・・・・・

おはようございます。
波乱の9月市議会が6日に終了。
振り返れば昨年3月、職員が業者へ石油架空取引を持ちかけた詐欺罪による逮捕事件は私の質問直前だった。
前の市議の質問後半、執行部にメモが回り「ざわつき」尋常でない雰囲気となり、暫時休憩⇒議会再開⇒本日散会⇒全員協議会。
私の質問は翌日とされた。
今9月市議会では、「波乱」×「よくわからない」×「理解に苦しむ」こと数回。
<議事進行>
突然1名の市議が「議事進行」と自席から発言し演壇席へ。
議事と関係のない話を続ける。
他議員から「関係ない」「発言中止」・・・・・の言葉。
通称「ヤジ」と言われるが、今回は当然。
この議事進行は、よくわからなかった。
傍聴者も多く、こうした行動が、議会が市民から信頼を失うことがわからないのか。
市議会倫理条例・基本条例も制定されたが、最終的には議員の資質とモラルか。
<問責決議(案)>
代表者会議で議論され最終日6日に上程され可決。
会議では、市長辞職勧告決議を求める発言もあったり、辞任を求めるブログも存在するが、仮に辞任すれば、後日、参考人招致をしても本人が出席拒否をすれば、議会側は、市長の行政・政治的責任他を問うこともできなくなる。
今後の捜査の進展を見守ることが重要。
問責決議の前に「辞職勧告」を求める動議が出されるが賛成少数で否決。
動議賛成者の中に、問責決議署名者も存在する。
辞任を求めることをブログ等で公言しながら、動議に賛成しなかった市議もいる。
議員の最大の権限は、議決権。
決議案に自らが署名をすることも重い行為。
今後の展開を読み、ここ一番で流されることなく信念を貫くことが重要。
事件に関し、今後の道筋・展開を読んだ上での行動か?それとも?
波乱続きだった9月議会最終日。

Follow me!