せんべい状態のヌートリア・・・・・

おはようございます。
昨日(20日)、某市議とヌートリアの話になった。
ヌートリアを見たことがないとのこと。
私自身は排水路で泳いでいたり車の前を走り去る状況で10回以上はある。
見れそうで見れるものではなく理解できる。
17日(金)朝、長島町内の県道で夜間に車にはねられ天寿を全うし、ペッタンコでせんべい状態のヌートリアを発見したことを思いだした。
大型車両が夜間に何台か通過した状態。
軍手・ゴミ袋は持っていたが、スコップではがさないと処理できないような状態であったので、今回は道路管理者の県桑名建設部に連絡して処理をお願いした。
こうした鳥獣を自分で処理し市役所他へ年10回程度届けるが、よく「市議の仕事か?」と言われる方がある。
自治会長をしてから出勤途上の方から発見し連絡を受けるようになってから10年以上経過し、気がついた方が連絡・処理すればいいように思う。
この半年間で4匹ほど処理したが、排水路から離れた場所で発見し、思った以上に行動半径が大きいことがわかる。
6月定例会でヌートリア対策の補正予算が可決された。
農作物の被害は思った以上にある。
約2ヶ月の間でどの程度処理されたのだろう。

Follow me!