ハマグリ絶滅危惧種(絶滅危惧Ⅱ類)に×地元漁協の不断の努力・・・

おはようございます。
環境省は8/28に「レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)新版」を公表。
概ね5年毎に日本に生息・生育する野生生物について、専門家による検討会を実施。
様々な角度~から個々の種の絶滅の危険度を生物・科学・客観的に評価する。
今回の公表では、絶滅危惧種だったニホンカワウソが「絶滅」として指定。
沖縄にいた猛禽類のダイトウノスリも絶滅指定となった。
新らたに「ハマグリ」を「絶滅危惧II類」に指定。
干潟の干拓や埋立・海岸の護岸工事等により生息環境が減少・悪化したため日本各地で急減。
各地の漁獲量は1970年代の5~20%まで落ち込んでいる。
桑名もしかり。一方、地元の赤須賀漁協の稚貝育成事業への不断の努力で桑名のハマグリは復活。
稚貝育成・放流事業により復活を見せた「桑名のハマグリ」。
自然界の中での繁殖も進み名実ともに復活を見せてほしい。
昨日(8/29)は議会運営委員会(議運)。
年4回の定例会前の議運開催後に議案が各議員に配布され、各会派で議案に対する勉強会を実施する。
9月議会は前年度決算も審議されることから分厚い議案が届いた。
これを熟読する等やるべきことは山積みですが粛々と。

Follow me!