四刻八刻十二刻・・・・・

おはようございます。
昨日(9/4)、9月市議会定例会初日。
市長から提案説明。
文章や手法、あまり代わり映えがせず、これから何をしたいかが明確に見えてこない。
質問通告の日でもある。
前日までにほぼ完成していたので確認し提出。
質問原稿素案もできていたのでその後聴き取り。
ここから「対行政」との駆け引きも出てくる。
夕刻、市役所からの帰路、町屋・員弁川の増水が気になり足を運ぶ。
桑部橋の200m下流堤防上で排水ポンプ・大型発電機を操作する人の姿・トラック発見。
このあたりは以前道路冠水した場所。
堤防上段から約3m下の水位で流れ速し。
多度川は?と思い車を走らせる。
護岸の遊歩道あたりまで冠水し水の流れも町屋川同様。
多度総合支所内上下水道部。
上下水道部としての対策本部。
ホワイトボードに時系列に14項目、水道原水・排水対応の記載。
多度~自宅までの帰路、「四刻八刻十二刻」の言葉を思い出す。
                (刻⇒「とき」と読む)
古くから揖斐・長良・木曽川の出水時間を指した言葉。
出水期には、西から東へ雨雲の動きがあり、台風も同様。
 
美濃から御岳方面へ雨雲が動けき上中流部で雨が降れば、まず4刻後に揖斐川下流で増水し、長良川8刻後、木曽川は12刻後に出水する。
(最近では突発的な集中豪雨他でこの時間も早くなった感じがしますが。)
今日も揖斐川の流速も早く水位もやや高いが、長良・木曽側はそれほど。
台風スーズンは1ケ月続く。
最近の竜巻・豪雨・台風の影響・・・・の異常気象。
大きな被害もなくこのシーズンが過ぎることを。
本日は、議会運営委員会他。

Follow me!