うまみ×人・物・金・・・・・

おはようございます。
昨日(9/11)、東日本大震災から2年半。
新聞各紙他で進まぬ復興、東京オリンピックによる建設資材・労務単価の上昇・建設現場の人手不足による復興事業の入札不調への懸念他が報道されている。
オリンピックとした「うまみ」のある場所に「人・物・金」は集まる。
帰還困難区域とその周辺の止まった時間の報道も。
大きな被害はないものの避難中で無人の家の庭や店舗駐車場のクラックから生い茂った雑草・・・・、2時46分を指す止まった屋外時計の写真。
気仙沼の内陸部500mほどまで流れ着いた漁船に足場も組まれ解体準備も始まった。
新聞の写真は、8月に東北を訪問した際と同じ。
岩田~福島沿岸の国道6号線を飯館・双葉町方面へ南下すると、沿岸側は津浪後手付かずの撤去の目処が立たない車やガレキ類、内陸側は無人の住宅・店舗・ガソリンスタンド類。
気仙沼の漁船の現場では20名ほどの人。
写真撮影はするが、誰一人漁船をバックに自らを写す人はいなかった。
震災時、暴動が起きない日本人の文化に諸外国から賞賛の声があがり、これも同じではないかと感じた。
作日、私の一般質問は終了。
あまり変わり映えの市内答弁。
「自らの発言との整合性?何がしたいのか?よくわからない。」
明日まで一般質問が続く。

Follow me!