永遠に闇の情報 × コスモス見頃・・・・・ 

おはようございます。
「ながしま遊館」周辺のコスモスが見頃となりました。
まだ1週間ほど楽しめます。
11/9(土)~10(日)はイベントも開催。
是非、お出かけください。
特定秘密保護法案が国会で審議入り。
知る権利・報道の自由他を巡り論戦が始まった。
国家安全保障会議、通称「NSC」とは表裏一体の関係。
国の安全保障他から必要性は理解できる。
対象は、防衛・外交・スパイ・テロ・その他の事項。
この他が拡大解釈されたら、その範囲は無限大。
TPP交渉記録(これは外交か?経済か?)・原発事故他ぞろぞろ出てくる。
何の情報が、特定秘密になっているかもわからない。
先の臨時議会でこの法案に対して反対する意見書が議員提案で提出されたが、残念ながら議題とするか否かで賛成少数で議論されることもなく終わった。
民主主義の主軸「知る権利」の問題であるので賛成に回ったが残念だった。
8月から一人無会派となった。
全て自己責任で判断できる立場も意味がある。
NSCが審議入りしたことで、国・地方自治体で情報公開(開示請求)ができるようになり、その研修を受けた際の言葉を思い出した。
「これまでの打合せ等の記録は、相手が何を話したかが主眼。今後、こちらが何を話し何を主張したかの視点でも記録を」
簡単に言えば、
「私達は行政の立場や主張の話を相手方の伝えたから責任はない。」
とした記録をせよなのかと感じ、
「公平の視点で双方の事実を記載すればいいのではないか?」
と質問した。
いずれにせよ国民の知る権利は侵され、永遠闇の中となる情報が出てくるかもしれない。

Follow me!