迷走する知る権利 × 合併効果「ポテトチップス餅」

おはようございます。
国民の知る権利が迷走している。
昨日(11日)、日本記者クラブで記者会見した石破幹事長。
「特定秘密保護法で指定をされた情報を報道した場合には抑制(処罰?)される。」と発言をしたが、その後、「著しい違法な行為の場合でない限り。」と後出しジャンケンして事実上撤回。
森特命担当首も国会委員会で答弁が迷走していた。
与党内でも解釈が統一されず迷走していることを露呈した。
昨日、市議会本会議で質問。
持ち時間45分の時間のフルタイム。
前日の他の議員に続き「補助金一律2割カット」について追及した。
見直しで結果的に2割カットになれば一定の理解はできる。
「聖域なき見直し」とした発言・言葉
    VS「個々の事案で検討できないから一律2割カット」の答弁
これは「日本語として整合性はあるのか?」と再質問。
日本語が理解できないのか?相変わらず意味不明の答弁に終始した。
市長代理も続々登場。
一度、文字としたもの発言した言葉は容易に消すことはできない。
質問全文は近く掲載します。
「餅つき」にも合併効果が。
この時期、イベントや幼稚園他でよく行われる。
今まで市議や市民の方にお誘いを受け、桑名地区での持ちつきに参加。
手返し・杵でつく一通りはできる。
市内某幼稚園で目にしたものが「ポテトチップス餅」。
最初は「エ~」って感じだったが食べると美味い。
塩味・コンソメ・・・・・と味は変化する。
某園長へ長島でもやってみてはと話をしたら実現。
缶詰の鮭フレークを使うつとことがあるらしい。
イメージが何となくわいてい来る。
今年は、本会議中休会日(9日)に長島の2幼稚園に参加し、そこで出てくるのは「ポテトチップス餅」。
これも合併効果の一つ。
本日(12日)も一般質問が続く。
今会期中は、緊急の代表者会議・議会運営委員会が開催されたりバタバタしている。
やるべきとを是々非々で粛々と。

Follow me!