「札束」で人の心まで動かすことはできない・・・・・

名護市長選挙。
20:05頃、基地反対の稲嶺氏当選確実の報道。
国政選挙他でも同じだが、投票終了8:00直後に流す報道関係も少し節操がない感じがする。
大差か?僅差か?、後1時間ほどで判明するだろう。
いずれにせよ政権・与党には大打撃で、普天間基地移設・辺野古沖埋立の計画の大幅な遅れは発生する。
日本の安全保障・抑止力の手法は他にもあると考える。
そのあり方を再考する必要があるかもしれない。
賛成派に投票された方も「基地に依存しない活性化があれば」との思いで苦渋の決断の末に投票された方もあることを理解しなければならない。
振興基金といった「札束」で人の心まで動かすことはできない(買えない)民意の結果。
18日(土)、子ども達との農園作業。
大根の収穫、例年とは違い畝の外側にあった。
どうやら種まき後の雨で種も流れ位置が変わったようだ。
その関係か?いつになく太短い大根。
1家族5本の収穫で子ども達は大きいのをさがそうとする。
「上からではなく、しゃがんで見たほうがいい。」と声かけをする。
最後には、大根・ネギ他を袋一杯にして帰路に着く親子30組ほどの姿。
19日(日)、調査のため多度方面へ。
偶然数名の方と話し合う機会をいただき市政に関わる質問受ける。
私の知らない桑名・多度が、そこにはあった。
貴重な30分。

Follow me!