多度山トレイルラン × 本日「辺野古沖ボーリング調査・埋立て設計」入札公告

おはようございます。
<多度山トレイルラン>
1/17(金)、桑名三川商工会賀詞交換会。
会長より「第1回多度山トレイルラン大会」の発表。
地域活性化が期待される。
既に要項も商工会のHPにもアップされた。
4/6(日)9:00スタート(制限時間4時間)
多度大社前~多度峡方面~多度山頂~表山道~多度大社前の約14km。
参加定員150名、参加費三千円(千円の買物券付/お値打)
トライアスロン(ラン・スイムのバイアスロン含)には17回、マラソンを含めれば30回ほど参加している。
長良川トライアスロン大会前日の説明会(気象条件・水温・川の流れ他)で横に座った方が、御岳スーパーアスロン(バイク・登山・ラン)の関係者(出場者?)で話をする機会があった。
山を登るコースのため安全管理に十分な配慮が必要で、警察?消防?等から相当の指導を受けたとお聞きした。
いずれにせよ関係者・参加者にとって事故も発生せずいい大会になってほしいと願う。
<東京都知事選挙:脱原発=名護市長選挙:基地移設・辺野古埋立>
国策である原発・米軍基地移設の一本に絞られた地方選挙とその構図が似ている。
都知事選では、脱原発候補の一本化を市民団体が目指したが不調に終わったとの報道も。
どちらも地方自治体の長の選挙だが、その民意が国策に大きく影響を与える。
S55年2月、今から34年前、国立中央青年の家での「全国成人政治講座・20歳のつどい」に三重県の代表として参加する機会をいただいた。
その際に班の沖縄代表から「米軍基地問題、戦争に起因した貧困や人権問題、日常的に行われる不発弾処理、遺骨収集」の話を聞き、私の知らない日本を知った。
沖縄の抱える課題は多い。
都の課題は、脱原発としたエネルギー問題ばかりでない。
今、関東大震災並の地震が起きたらどうなるのかの防災・・・他も存在する。
たった今「朝ズバ!」では本日「辺野古沖ボーリング調査・埋立て設計」の入札公告が行われ3月中には契約との報道がされている。
知事が昨年末に辺野古沖の埋立てを承認したことから、地元自治体を飛び越えて既成事実化を狙い、家族・親戚・隣人・知人の人間関係も崩壊させる(た)政府の責任は大きい。
<放課後児童クラブ他>
昨日市役所からの帰路、子育て支援グループと放課後児童クラブを訪問。
当然だが市政に関係する子育て支援策の話になり、その運営に課題も多い。
思わぬ方とお会いしお互いに「エッ、何でいるの?」
この方は、ほぼ毎日何らかのボランティア活動に身を投じている。
感謝、感謝である。
※本日(21日)、県道整備の調整他

Follow me!