3月議会最終日×人事異動内示

おはようございます。
3月24日(月)、3月市議会定例会最終日。
議案は、消費税改正に伴う条例改正、補正予算関係は年度末の調整、新年度予算は継続事業を中心に編成されていた。
特に、
①昨年9月市議会建設水道委員会で「都市計画決定から41年。これ以上の
 遅れは許されない。」と評価した駅西土地区画整理事業に関し、単年度当
 初予算ベースで「10億円」余の予算計上。
②補助金2割カットに関し、福祉安全・建設水道委員会より、「団体運営、
 市の計画・施策との整合性・妥当性、公益性他を鑑み、特段の配慮を求め
 る」として附帯決議。
の意味は大きかった。
一方、「費用対効果が十分でない。内部検証がされていない。」他の質問が多く出された「900万円」余の東京から委託業者による情報発信(桑名東京事務所?)を議員提案で除外する予算修正案が出され賛成したが「12対16」で否決された。
結果的に当初予算の賛否を問う討論で「2委員会附帯決議の意義」、「最近の市政の状況に鑑み、ブランド化・海外姉妹都市提携調査・東洋大学大学院職員研修・総合計画策定業務に対し特段の配慮を強く求める。」意見を付した発言をした。
3月25日(火)、職員の内示発表。
議会に対し示されるのは11時頃。
噂されていた通りの場合もあれば、全く違う場合もある。
「役職は人につくのか?職責につくのか?」と質問を続けてきた。
「行政的にスリム化され縦横の連携ができる体制となっているのか?」
イロイロ考える。
次期、6月議会で質問予定。

Follow me!