文字の一人歩き、断言・・・・・

おはようございます。
「44日間の議会で710万円の報酬なのか?パート感覚で市議をしているのか?」
2ヶ月間、目標に向かい活動している最中、こんな質問を受けた。
「この日数は、3.6.9.12月市議会定例会(会期各約4週間)の実会議開催日数。休会日も議案配布後、精読・調査・打合せ・質問原稿作成他。閉会中も委員会協議会、市議会全員協議会、その他諸々の諸会議、各種大会への出席要請。行政が行う会議等の傍聴他、やることはいくらでもある。定例会を含め150~170日間出なければならない。市民相談・要望他も相当数ある。パート感覚でできるものではない。」とお答えしたところ納得をされた印象。
某チラシをご覧になり疑問を持たれた様子。
我々の立場にあるものは、自身の考えを様々な手法を用い有権者に示す必要はある。
一方、読まれた方の感覚により44日間で710万円の印象が強くなり、これが一人歩きを始めていた。
議会44日間の記載とはあるが、閉会中の会議他も市議としての公務と断言する。
某チラシは、視点を変えれば自己の当選を得るための虚偽事項の公表と言えない訳ではない。
一度、文字としたものは一人歩きをする。
市議選終了2週間。
後片付け他をする中、福祉安全委員長として出席要請を受けた障害者の集い・人権フェスタ、呼び出しがあり委員会の打合せ3回他、12/5までの職務もこなしています。
12/1は、選挙資金収支報告書の提出期限。
やるべき事は山積み。

Follow me!