子どもの通報、立場、6月議会初日

おはようございます。
昨日6/10(火)、一番目の仕事は子どもからの通報。
道路の現場確認に向かう途中、私の車を見つけた通学団集合場所へ向かう子どもが視線をこちらに。
停車したら子どもの第一声。
「おはようチャン。ネコが道路で・・・。」
御臨終のネコ。
現場へ向かい車からゴミ袋を取り出すが硬直しており「中サイズ」で入りきらない。
自宅へ戻り大きいのを取りに行こうとしたら近くの方が出てきて「我が家の・・で当方で対応」の言葉。
本日6/11(木)より6月市議会定例会。会期は7/2(木)まで。
地方議会の定例会は、国会審議に左右される。
法改正・国庫補助内示等による条例改正・補正予算他の発生により3.6.9.12月の概ね1カ月間開催される。(一部、通年・2期制)
初日1週間前の議会運営委員会後に議案が配布され、その後精読・勉強会・質問原稿作成他。
臨時議会後、相談を受けていた件から環境・河川保全他で思わぬ事を知った。
昨日確認のため市内各所へ。
あの時この日までに連絡・協議すれば問題はなかったはずだ。
最近、このたぐいの相談・連絡が多い。
場合により話がこじれているので結局間に入り調整する必要が出てくる。
時間・手間もかかる。
やっている事は市議の「立場」というより職員か?
イロイロ考える。
質問通告締め切りは、本日午後4時。
9年目となるが是々非々の姿勢は変わらない。

Follow me!