「運」がなかった、浮かれている場合ではない

おはようございます。
昨日12/16(水)、帰宅後はサッカー・クラブW杯準決勝、「広島×リバプレート(南米王者)」観戦。
「1対0」で広島、惜敗。
ボール支配率(4割)・体(相手デカイ)・個人技他、劣勢の中でも、前半4回の決定的瞬間を相手キーパーの神業的セーブで活かすことはできず、耐えに耐えしのいできたが、フリーキックから1点失点でジエンド。
「運」もなかった。
今日は、もう一つの準決勝「バルセロナ×広州」にメッシ・ネイマールらが出場。
世界最高峰の足さばきを観ることができる。
サッカー女史日本代表「澤穂希(ほまれ)氏」の引退のニュースも流れた。
15歳から22年間、日本代表として女史サッカー界をけん引。
引き際も見事。
昨日までの2日間、委員会が開催された。
12月議会は、一般的に4月の人事異動に伴う人件費関係の各予算科目調整の為のプラマイ補正、夏・秋の台風・豪雨による修繕箇所の工事費関係が多い。
今回は、これに加え、マイナンバー関連・上下水道計画審議会設置・小中一貫と校区変更を視野にした学校教育環境あり方検討委員会設置条例他が加わった。
2委員会のその他事項で、ジュニア・サミット関連の出足の遅れに対して幾つかの案件で厳しい指摘もされた。
特に県都の関係。
この中の1件に関して(舞台裏を知っている)、やや安易と感じられる回答があったと聞き「?」としか言いようがない。
報告を受けるばかりでなく、自らが動き・何回も確認しなければ真実はわからない。
浮かれている場合ではない。

Follow me!