270㎏、指筋肉痛、先を見越して何も対策が行われていない

おはようございます。
12/26(土)、長島中部地区すくすく農園「餅つき」の1日。
もち米「270㎏」。
午前9時~午後3時までのロングラン「餅つき」を続けた。
つき手の男性は、私を含め8名ほど。
2組の杵・臼で40組ほどの家族と20名ほどのボランティアでの作業。
今でも残る指筋肉痛の後遺症。
12/27(日)午前、年内最後?の市内某箇所での草刈り他。
作業をしながらイロイロ考える。
午後、市内各所の気になっていた場所を巡る。
やることはいくらでもある。
12/25(金)、三重県がジュニア・サミット会場「ナガシマリゾート」と発表。
1月上旬と聞いていたが、いずれにしても時遅しの印象を受ける。
年末自治会集会で某県議に発せられた言葉。
「サミットで伊勢志摩地方には数十億円の環境・道路整備が行われるが、桑名はどうなのか?」
その通りの言葉。
関係者は「浮かれていてはいけない。」
先を見越して何も対策が行われていない。
ようやく動き出したところ。
こちらの動きの方が早い。
実務の最高責任者は。現場を見たと事があるのか?疑問。
数回行けばわかる。

Follow me!