調査費は計上されていない

おはようございます。
早朝より、農園で力仕事の作業。
今、帰宅。
昨日3/16(水)、3委員会(分科会)で審議したH28年度一般・特別・企業会計予算を全体で審議する予算特別委員会。
各委員長(分科会長)の報告(約15分×3委員会)を受け、「どういった審議がされたのか?」「この予算で〇〇とした意見は出されたのか?」、議員から3委員長に質問する。
部長他は出席はしているが、答弁する権限がない。
従って委員長が答弁する。
「本会議・委員会での我々の苦労もわかるだろう。」
部長他は、こんな事を考えていると推測できる。
私の所属する経済環境委員会(分科会)では、都市整備・経済環境・上下水道部を所管する。
本会議で市長から突然出た「桑名駅~新病院」までの上空通路。
構想・夢として火消しに回ればよかったが、副市長が「(想定される約200m)区間の途中の昇降口他の協議や検討をする。」とした答弁をした。
この瞬間、議場内は「唖然」として雰囲気。
本来ならば、
「H28年度当初予算案に計上されているのは、現在進行中の桑名駅東西自由通路・駅橋上化、駅周辺の整備計画関連予算に上空通路の調査費は計上されていない。。仮に上空通路を検討するならば、駅・自由通路との接続や人の動線、地元や国道1号線上空の通過させるため相当の協議時間が必要となる。また、駅西土地区画整理事業もH26年度末で移転関係の進捗は、約23%。計画から45年経過。市議会でもH24年度の建設水道委員会で移転の遅れはこれ以上許されないと検証・評価をされている。従って現行の計画を推進させる。あくまでの将来的な夢・構想。」
と答弁すべきだった。
予算特別委員会全体会では、上空通路に関しても質疑がされた。
委員会(分科会)での質問に対する答弁では、
「現在の総合計画・駅周周辺整備計画等に上空通路に関し調査費等は計上されていない。」
つまり具体的な調査も検証もできない。
こうした委員会での協議を確認する質問が全体会でも数回。
イロイロある。
本日3/17(木)は、体調不良の間に連絡をいただいた案件の現地確認・資料作成他。

Follow me!