伊勢湾の命運は岐阜県が担っている

おはようございます。
3月市議会定例会の最終日は、3月24日。
まあ~イロイロある。
昨日3/29(土)、長良川中・上流域の環境保全に取り組む「長良川環境レンジャー」の活動に「木曽三川ごみの会」も参加。
場所は、揖斐・長良川最下流から45キロの河童橋周辺。
8年程前に鳥羽市で開催された「海洋ゴミサミット」と題した研修会に参加した際、「伊勢湾の命運は岐阜県が担っている」と、岐阜県内で河川環境活動に取り組む団体から意見が出されたことを思い出す。
揖斐・長良・木曽川の流域の多くは岐阜県内。
レンジャーの方から、夏休みに最下流域の子ども達と体験交流の企画を計画しているので協力要請。
うまく計画が推進されるように支援をしていきたい。
所要のため途中で作業を打ち切って桑名へ戻る。
夕刻よりご案内をいただいた市政懇談会に参加。
当然のことだが、H28年度予算に関して「あの件、この件・・・・・。」
本日3/20(日)、市民相談数件・サッカー少年団卒団式他。

Follow me!