芋が先か?カエルが先か? 家で実験

おはようございます。
11/12(土)、伊曽島地区でも農園があったが、作業量が多く園長が都合で参加できないため長島中部地区すくすく農園で3時間半の作業。
7時から100m、サツマイモの切られたツルを運搬。
途中、車のカギを落とす。
20分間探すが見つけられず。
収穫時に子ども達が発見、感謝。
9時から子ども達も集まり収穫。
この時期、既にカエルは冬眠期で芋を掘り起こしたときに出てくる場合もある。
芋が先か?カエルが先か?どっちが大事?
こんな言葉をかけながら作業を進める。
サツマイモ・里芋の収穫の後、先月の残りのトウモロコシの収穫と引き抜き。
この農園では、夏・秋と2回収穫する。
無農薬のため虫食いもある。
皮をむき子ども達に虫を見せることに意味がある。
「茹でれば白い虫が出てくる」と教えると「家で実験する」の子どもの言葉。
家でどんな言葉が出てくるのか考えると・・・。
子ども「生で食べれるのか」に「食べてみたら」と返すとガリガリかじる。
「チョ~甘」
「一粒づつばらして食べたほうがいい」と返すと「モット甘」
ボランティアの保護者から運動会他の様子をお聞きしイロイロ考える。
午後、総合運動公園サッカー場で桑員地区中学校新人戦サッカー新人戦決勝観戦。
長島中は1対3陵成中に負け準優勝。
対戦チームの一枚上手だったが、前半は見ごたえのある内容だった。
11/12(日)、早朝より草刈り。
先週作業を終えた場所は、余りにも量が多かったので袋に入れず山積みにしておいたら2t車で2台分と報告を受けた。
今回の場所は1台分か?
早朝と夕刻の2回作業。
ご案内をいただいた第21回長島北部地区ふれあい秋祭りの会場へ。
学校・地域の団体で夏と秋の2回祭りを開催している。
地域の底力を感じる場面。
イベントを開催している地域は災害時の対応能力も高い。
今から準備して作業。
いつまで続くのか?

Follow me!