タイガーマスク現象、虎の穴

おはようございます。
本日12/8(木)、ヤフーニューストップ記事。
匿名で児童養護施設にランドセルが贈られ6年前に全国に広がったタイガーマスク現象。
文具他が施設だけではなく警察・行政機関に届けられ施設へ贈られたりもした。
プロレスラー初代タイガーマスクの記念イベントに素顔・実名でリングに登場し初代タイガーと握手を交わした。
記事では子ども時代施設で過ごし手提げかばんで通学したと記されていた。
小中学生時代の漫画では、最終回「虎の穴」の最後の刺客との最中にマスクが破れ、幼少期に過ごしファイトマネーで支援していた「チビッコハウス」の子ども達に伊達直人とわかるストーリーだったと記憶している。
今回の事は漫画と似ている。
低迷?しつつあるタイガーマスク現象の一助となることを願う。
本日中日新聞1面記事。
美濃加茂市長が「市民の民意を問う」として辞職し出直し選出馬表明。
贈った側は刑が確定、贈られた側の市長は地裁勝訴・高裁敗訴・最高裁上告中。
1月に県知事選挙があり、それに相乗りすれば市長選挙に伴う市一般会計の支出は軽減できるが、再選されれば現任期の6/1まで。
記事に市民・議会の賛否意見。
自らの案件で市の一般会計から支出を伴う選挙を行うことに疑問を呈している。
本来であれば政策議論ですべきもの。
事件の真実はわからないが、一般的な話として高裁決定を覆す立証をしない限り厳しい部分がある。
他市の件ではあるがイロイロ考える。
昨日12月議会が開会。
市行政組織の再編に伴う条例改正案他。
地方教育行政に関する法律改正で、市長部局へ移動させる(移動させることが必須ではない)ことが可能となった。
昨年に生涯教育・スポーツ・文化部門が総務部へ移動したが、生涯教育・スポーツ部門を市民安全部、文化を経済環境部へ。
昨日の提案説明で総務部へ移動させ2年後に更に違う部局へ移動させることを総括する説明がなかった。
他の部門の再編もある。
考えること多々。

Follow me!