桑名市内中学校5/9校・小学校12/27校が雪で休校、ストーリー・筋論

おはようございます。
雪も一段落ながら道路凍結が心配。
昨日1/16(火)早朝から3時間、夕刻2時間は通学路・子育て支援関係施設他の除雪や融雪剤の散布作業。
自宅近くで子どもが転倒しケガでもしたり堤防上り坂で車でも転落したら「市野は何をしていたのか?」と・・・・しまうかも?と小学校TA会長時代から始めた。
市内では中学校5/9校、小学校12/27校が休校。
長島管内でも長島中と長島北部・中部小学校は休校に。
通学路の除雪作業中、中学生の子どもが出た後に休校の連絡があり自転車を追いかける保護者も見かけた。
15~20年前には堤防上り坂で車が目の前で落ちる瞬間を目撃。
坂路の途中だったのでひっくり返ることもなく、そのままの状態で滑り落ち何とか動く状態だった。
作業の合い間に団体の関係者から連絡をいただいた案件の調整他。
調整といっても実際に現場を見て対話している私と話はかみ合わない。
「私は年に10回以上行っている。何回行った?」に対して沈黙が続く。
事ある毎にこんな言葉が数年間続いている。
最近の事案で某機関(複数)の数件の対応。
金が無いで済む話ではない。
(予算・行政)執行権・上司の命だけでは人の心は動かせない。
相手を説得・一定の理解をさせるストーリー・筋論はそこにはない。
本日1/17(火)は、議会改革特別委員会他。
その前に除雪した場所の現地確認に今から出かけます。

Follow me!