後出しジャンケン

おはようございます。
昨日2/23(木)、市議会3月議会定例会が開会。
最終日は3/27(月)。
22日に提案説明が配布され、昨日本会議場で読み上げられた。
約50分間。
一般会計・特別・企業会計当初予算、市内公共施設の使用料や納税・住民票他の交付手数料他の改定件数約250件。
それに伴う条例改正(案)。
議案件数は、市議となり10年4ケ月最大。
提案説明を読み上げる時間もかかる。
使用料・手数料他、特に、幼保保育料・上下水道使用料の改定は市民生活への影響は大きい。
今まで異常に慎重に審議する必要がある。
手数料他、改定に伴う行政手法にも疑問を感じる。
周知期間も十分でない。
幼稚園保育料は条例に記載のため議案となるが、保育所保育料は規則のため市側の決裁だが、表裏一体。
保育料は、説明会時に現実的に資料配布されていないのが実態。
保護者には唐突で市側の「後出しジャンケン」と言われても仕方がない。
職員も後日問題になるとわかっているはずだが、改正議案提出に至ったのは、何らかの強い指示・圧力でこの事態に至ったに違いないと思われるし信じている。
昨日、質問通告締め切り。
今回は議案質疑(20分)と一般質問(40分)と分けて質問する。
今からご連絡を受けた場所と工事現場の進捗を確認後、質問原稿作成。
是々非々、粛々と。

Follow me!