コンバイン、そもそも

おはようございます。
長島では1週間前から水田の中を稲刈りのコンバインが走り、その後を追うシラサギ他の野鳥の群れの風景が見られます。
長島地区では地区社協が、町内18ケ所で夏休み期間中、3年前からラジオ体操を復活。
昨日までに11会場参加。
お盆前の8/10まで土日休みの会場が多いのですが、1ケ所は8/25最終、もう1ヶ所は8月末。
場所により参加人数も10~70名、乳幼児から~80台と年齢も様々。
ベビーカーに乗り、体操をまね様とする赤ちゃんの姿は微笑ましい。
保護者の話では、学校がある時期よりより子ども達は早起き。
会場で久しぶりにお会いするから「大きく〇くなりましたね。」「真っ黒ですな。」と声をかけていただくともある。
最後は、地区市民センターの窓口業務廃止や総合支所の業務縮小他の話になる。
説明会に参加していなくても、相当の市民の方は関心を持たれ不安をいだいていることがわかる。
7/29(土).30(日)長島地区3会場で行われた「総合支所・地区市民センターのあり方、(仮称)まちづくり協議会」説明会。
質問というよりは、サービス低下に厳しい意見、異論、反対、行政の決定事項を伝える説明会なのか!・・・・・とした意見が続出し、1時間半の予定が3会場とも2時間。
参加者から「市議会はどういった説明を受けたのか。」等と私に意見を求められたので2会場で発言。
①そもそも今までに行政が約束(書面・口頭・説明)したことや地域課題が解決・実行されておらず、サービス低下も著しい。
②20~30年先までのことはわからないが、地区市民センターは、現状の職員体制を(主に)正規から退職職員の再任用等、様々な雇用形態に変更しサービスは維持し、経費の削減をはかる。これで年間5千万円以上の場合により1億円近い削減が可能。まず、これをすべき。
③防災体制は抜本的に見直すというが、過去に長島ではなかったが、そもそもチョット大いなと感じる雨の排水でも問題が発生しているのに、今できないことが(整理・対応できない)総合支所を縮小しできるわけがない。
④この説明会には、公民館他の施設が来年3月末で閉館される話しが地区内に出回り、それだけを聞きたいだけの参加者もみえる。ここで閉館か?継続か?明確に回答すべき。
⑤職員は職務命令で来ているが、そもそも行政でも想定できる意見・質問に、何ら回答ができない今回の説明会のあり方そのものが問題である。
等に対し同意を示す意見や会場全体として賛意を示す雰囲気。
説明会後、多くの方と話をしたが、概ね同じ意見。
最近、市から市議会全員協議会で様々な計画に対する説明を受けても、想定される質問に何ら回答できないケースが目立つ。
考えること多々。

Follow me!

コンバイン、そもそも” に対して1件のコメントがあります。

  1. tokumeikibou より:

    ◎市役所の変な決定事項が多すぎます。
    多度町・長島町の時代には、行政が大きな
    行政判断をしようとした場合、まず議員・自治会長から各種団体・市民へと、それなりの手中を踏んで、物事を聞けてきた敬意があります。
     だから、執行するまでに多種多様な意見をが出され、それらの問題点をすべて、クリアになってから、現場作業が行われてきたために、その後の行政運営に支障など生じたことがありません。
     ところが、桑名市役所の行政運営の手法は、きめてから、議員・自治会長・各種団体・市民へと説明するものだから、いくらよいことであっても、説明の度に、反発を生み出し、余計なトラブルばかり続出で、満足な議論さえ、入れない状態ばかりです。
     何事につけ、まず段取りがキチンとできないことには前にすら、進めいないです。
     まず、しっかりとお互いが意見を出し合い、悔いのない行政執行をすべきであります。
     さらにいえば、桑名市は、金もないのに、欲しいのや箱物つくり、それから金の算段をして、金がない、金がない →  だから、なにもできません。ゴメンなさいという。
     こんな状況で家庭が、うまくいくでしょうか。
     まず、ある程度金を工面してから、長期の借り入れなどで家を建てたりするでしょう。
     これが、家を建ててから、金の算段を仰ぐので、本末転倒で、誰からもしんようされていません。
     行政といっても、家庭も同じです。借り入れをするなら、キチンと長期計画を樹立してから、皆さんされているでしょう。
     それらと、同じですよ。
     市役所を、これらの悪しき職場体質を一身してから、もう一度小学校一年生から、勉強をし直して欲しいものです。

  2. tokumeikibou より:

    誤字脱字多数ありました。訂正をお願いしま
    す。
     手中 → 手法
     敬意 → 経緯
     しんよう → 信用

この投稿はコメントできません。