400~600t流入させれば浸水被害は免れた

おはようございます。
台風18号。
進路予報では桑名に最も接近するのは、本日9/17(日)深夜10時頃~18日(月)2時頃。
予報の南寄りの進路の場合、相当の雨と強風になる。
十分な備えを。
私の今日の仕事のスタートは、強風に備え個人・後援会各6枚・計12枚可能な看板の確認。。
9/15(金)、市議会本会議場での質問。
2事項を割愛したが時間不足。
7/10午前7時半頃から3時間の豪雨による蓮花寺地区の浸水被害は当日正午頃の写真を使い厳しく指摘。
新設桑名福祉センターグランド調整池、 2600t。(1200)
         既存の南方調整池、15100t。(不明)
          〃 農住調整池、 4600T。(満水)下流
( )は、当日の貯水量、南方は1/4程度と思われ3池の流末は稗田川。
現地確認で浸水面積は、4千~6千㎡で最深40センチ。
満水でない調整池へ400~600t流入させ、10~15センチ程度浸水を下げれば、道路は浸水しても車他への被害は免れたはず。
そもそも勤務時間中の豪雨であるのに、南方調整池の状況を把握せず、災害対策本部に相当の隠元がいながら、長年度々の浸水被害を受けている地域の詳細な現地確認に気づかないことが問題。
4年ほど南方調整池の周辺の坂道を登ろうした際、車のバンパーやタイヤハウスからフロントガラスへ水しぶき高速ワイパー、道路の表面排水が南方へ流入せず浸水域へ向かっていく。
こうした事案は現場の理論でしかわかならい。
質問2日後、台風18号に対応できる組織になっているのか。
昨日早朝から3時間気になっていた場所の草刈り。
通りがかりの方が声をけけてくれた。感謝。
その後、市内企業から「地域貢献を考えているが、何かありませんか?」と声をかけていただいていたので、「長島幼稚園が運動会で万国旗を張るのに低く苦慮している。」と伝えたところ、高さ7mアルミ製のポールを立柱していただくことになり、その基礎工事の立ち合い。
プラ製のコルゲートパイプΦ80cm(※仮設の排水切り回しに使う資材)1mを埋め込みコンクリートを打設し、作業後に本格的な雨になりシート他で養生。
基礎の重さは約1.2t。
夜は地元自治会の集会。
総合支所・市民センター・地域一括交付金他の質問多々。
3議案が上程されている。
4時半現在、雨無し、雲の切れ間に空も見える。
雨の予報だが、正午頃までは何とかなりそう。
午後2時から市指定無形文化財「八幡神社獅子舞」。
雨が心配だが、神がかり的にやまないか?
駐車場は、長島総合自動車学校。
時間のある方は、是非、お出かけください。
    

Follow me!

400~600t流入させれば浸水被害は免れた” に対して1件のコメントがあります。

  1. tokumeikibou より:

    ●市職員の公務に従事していることの認識不足及び職務の遂行を全うする意識もない証拠である。
    IT時代が到来し、多くの業務はしすてむ管理となっているが、肝心要の人間が進歩がないため機能不全。
    全く情けない話で有る。

この投稿はコメントできません。