例年だったら場合により処分10~15センチ

おはようございます。
北陸・東北の豪雪。
十分な備えをしていても被害が発生。
地球温暖化と言われるが、今年の雪の量は予測以上。
桑名でも、もう1回ぐらい積雪する感じ。
行政は1月の積雪の教訓をどれだけ活かせるか?
2/10(土)伊曽島わくわく農園(大根・ナバナの収穫:参加者30名)、長島中部すくすく農園(味噌づくり:輪中の郷:参加者40名)
2/12(月)長島中部すくすく農園(大根収穫:参加者30名)
12日は強風の中、1月の残りの大根収穫。
50mの畝に2本に2列。
まず参加者に50センチほど5本。
10月の台風で大きくならなかった(例年だったら場合により処分)10~15センチ程も収穫する。
その量、一輪車山積2台分。
野菜高騰で小さくて5本あれば味噌汁他に使用できるから貴重との話。
希望者は袋を満杯にして持ち帰る。
3日間長靴姿だったので、次の場所へ移動する間を使用して、1月の積雪後凸凹になった子育て支援施設の園庭整備、伊曽島でボランティアをする方から依頼をいただいた「飛び出しボーイ・ガール」作成他。
3日間、多くの方にお会いしました。
出てくる話は桑名駅自由通路事業、市の負担が21億円増となった件や、輪中の郷、多度・長島のと図書館は売却・閉鎖されるのか?ほか。
冷静に市政を見ている多くの市民の存在を実感する。
本日2/13(火)、市議会全員協議会他。

Follow me!