暖冬、例年の1割

おはようございます。

関東以北は積雪や北海道では爆弾低気圧による寒波襲来で日本海も荒れ模様の日もあった。一方、西日本では暖冬が続いている。

この時期までに数回の積雪があり幼保小学校では子ども達が雪合戦に興じるものだが、いまだにその声を聞くこともできない。

我が家のベランダから見える伊曽島小学校のプール。

例年なら幼児小学校低学年用の小プールは週に1~2回は氷が張り、25mプールも半分以上凍結することが年に数回あるが、今年は大小プールとも氷が張った光景を見たことがない。

長良・木曽川上流のスキー場も例年と比較し滑走可でも積雪量は少ない。

揖斐川上流の揖斐高原スキー場に至っては、例年1ヶ月半以上は滑走可能だが、スキ場スタッフブログを見ても、10日間に満たない状況。

木曽三川、伊勢湾の恵みの海苔。

1月末で収穫は1割に至っていないとお聞きした。

海水温が高い。木曽三川上流の積雪は少なく、これに伴い川の水量も減となり下から海側の水が潜り込んでいるようだ。海苔の生育に必要な適度な汽水域になっていないことが要因ではないか?と漁業関係者にお聞きした。

(海苔収穫減は伊勢湾全域で起こっているらしい)

この時期、木曽三川上流部に積雪がないと春に取水制限がかかるかもしれない。

積雪で生活に様々な影響は出るが、2週間間ほど寒くなり積雪等がないものかと思う。

2/14(木)予算特別委員会

15(金)予算特別委員会、愛知大学議員連盟会合(名古屋駅前)

16(土)長島中部すくすく農園(一家族10本まで大根収穫、種が落ち畔に自生のナバナ収穫、時間自由、4家族とお会いした)、お話をいただいた3施設で飛び出しボーイ&ガール設置

17(日)   同   農園(2家族とお会いした。前日に続き子ども達が興味を示す形の変わった大根を探すのが私の役目)、なばなの里で地産地消の活動を行う三重県産青空市場定期総会、第5回東海三県小児在宅医療研究会(医療・福祉・教育連携、特別支援学校(学級)事例研究・報告、最後の重い障がいで普通小中に通学した家族からの報告は貴重な機会となった。)

本日18(月)会派議案勉強会・市内4施設視察 他

 

Follow me!