2,899名の署名

おはようございます。

本日3/25(月)、3月議会最終日。

新年度当初予算(案)、昨日の中日新聞記事となった「伝馬公園の存続を求める請願」(2,899名の署名)他の採決が行われます。

請願について紹介議員二名の一人となり本会議場で請願主旨他の説明を行い、市民の方の関心も高く昨日お会いした方からも様々なご意見(激励し)もいただきました。

天馬公園で江場地内の保育所・養護老人ホーム・児童発達支援施設ほか1施設、計4施設を多世代共生型施設として整備し、現在の場所を公園とする計画。

3.7.12月の地元説明会の内、7月を傍聴し会場の意見は、質問に対し答弁・説明になっていない他、反対・異論・課題の多さを示す意見が大半を占め、ほか2回も同じ状況でアンケート結果も同じ。

※アンケート結果:市HP⇒暮らし⇒福祉⇒天馬公園における多世代共生型施設

7月説明会終了後、参加者数名の方から声をかけられご意見もいただきました。

その中で「説明する職員も厳しい質問・指摘を受けるのが分かっているのに説明会実施を指示されるのは気の毒で見るに堪えない」

昨日は「市議会は地元の同意を市へ求めたはずなのに、市は何故、同意のない中で埋蔵文化財試掘を行ったのか?疑問。桑名願証寺跡で墓地跡他が出てくる可能性は高いと想定できたはず。更に話を難しくした」とご意見を伺った

試掘調査(約280㎡)では、大量の人骨(十体以上)・墓地跡他が発見され、この経費でも約450万円。

基本的に構造物が建つ場所(約2千㎡+α)は本格発掘を行う必要があり、この経費でも約4千万円、現在の場所を公園とするには約1億円必要と想定できる。

課題は多い。

考えること多々。

3/22(金) 伊曽島地区わくわくウイークエンド・ボランティア説明会

23(土) 桑名別院参拝(合同追弔会)、第34回凝神会(書道展:市民会館)、光風中ブラスバンド定期演奏会

24(日)ご案内をいただいた実践倫理宏正会朝の集い、一番街マルシェ 他

Follow me!