アメリカ大統領選挙538票の行方、分断か?調和には潔さ

おはようございます。

アメリカ大統領選挙。

2日前の「バイデン氏:264(253確定)×214:トランプ氏」から数字が動かない。

各州の選挙人総計は538票で270票を獲得すれば当確。

開票が始まり所開票前では対立陣営の排除を目的に銃で武装した自警団Gが取り囲むなど、一触即発の状況も発生し、混乱や暴動を懸念し僅差の州は再集計発表。

1860年代のアメリカ南北戦争では奴隷制度の廃止・反対を目指す州が北と南に分かれたが、今回は各州僅差のため州内での混乱がアメリカ各地で発生することも懸念される。

古き歴史に学んでいるのだろうか。

バイデン氏の勝利はほぼ確実。

トランプ氏は各州で選挙の無効を求める提訴をしているが、敗戦を認める潔さも人の道ではないか。

話は国内に。

最近、県内で行われた市長選挙。

対立した2陣営から市選管に対し当選者の活動が公選法違反として選挙無効の申し立てがされた。市選管は30日以内に結果をださなければならない。

選挙は勝てば官軍ではなく「名前を書いていただく尊い行為」で成り立つ。

新聞報道では当選された方は「法の範囲内」としたコメントが掲載されていたが、「何々しかじかで公選法の範囲内」と明確に示すのが義務であり、法に抵触しないグレーだから行うものでもない。倫理観をもった活動が候補者の本分。

最近、私の周りはザワザワ。

匿名・実名でメール・郵便で様々な連絡があり、時間はかかるが内容に正当性があれば調べている。

日々の活動は粛々と。

地元の小学校の子どもとサツマイモ掘りや柿狩り。時期は遅いが実る事を願って保育所園児らと大根種まき他。

学校や園にとっては、事前準備他をサポーターが担うことで子どもと接する時間も増える。

地域の子どもらとの関りは、社会人となったS53年(1978)青年団での盆踊り大会、夏休み期間中の野外映画会~PTA役員・会長~サッカー少年団保護者会長~学校評議員~数校のサポーター~現在。

子どもの歓声が、元気の源。

今日は伊曽島わくわく子ども農園で最後の枝豆収穫。

その後、お一人でお住いの高齢者宅を訪問。

 

 

 

Follow me!