震度6強早期の復旧を×桑名では

おはようございます。
昨夜11:08、東北地方で震度6強の地震発生。
潮位の変化はあったようだが幸いにも津波までには至らなかった。
10年前の東日本大震災を思い浮かべた方も多いのでは。
被災されました方にお見舞いと早期の復旧復興をお祈り申し上げます。

今回の地震、大規模停電や道路法面大規模崩壊が報道される中、水道管破断による断水や水の濁り等は報道されていない。
桑名で震度6強の地震が発生したら・・・・?どうなるか?
発生しない事を祈っているが、市民、とりわけ市職員であれば想定していなければならない。
桑名地区の水道管の老朽化は著しい。
あのエリアで水の濁り、あの場所では水道管の破断、急傾斜地での土砂崩壊の発生・・・・?
事前に想定しておけば早い現場確認や復旧が可能となる。
現場にしか答えはない。
台風、豪雨も同じ。
災害時に迅速な対応、それに耐えうる精神力・・・職員に求められること。
過去、何回か質問、指摘してきたが?????

豪雪地帯の方には申し訳ないが、比較的寒波はどこへ行ったのか?と思う日が続く。
参加支援をさせていた機会をいただいた子ども農園の木曽三川の冬の恵み「ナバナ」の生育も順調。
適時摘まなければ、次回収穫には葉っぱが大きくなり過ぎ「食」には適さないようになったり「花」が咲いたり、食べることはできても「赤」くなったり。
「エ~イ」適当なれど一定のコントロールそするため週2回は摘みに行く役得の仕事?
早朝週3回の畦の草刈りは3月下旬から。
長島中部地区すくすく子ども農園のナバナは会員自由摘み。
幼児を連れた保護者の方が多いので(来られるか?)今朝も1時間農園で待機の予定。
子どもらにはジャガイモ、大根、サツマイモ、トウモロコシの収穫は大胆で楽しいらしいが、ナバナ摘みは地味。

今日は農園待機後、市内アチコチ他。
昨日も寺町三八市、市博物館他へ足を運んだ。
人と会い話せば自分には見えないこと、見えない市の課題が見えてくる。

Follow me!